ウエイトゲイナー

ウェイトゲイナーについて知っておくべきこと

体が必要としているものを摂取するために、食品のサプリメントを利用する人が増えています。過剰な運動をしている人は、普段から不足している栄養素を補うために、さらに多くの栄養素を必要とします。特に、明らかに痩せすぎていたり、質量が重要なスポーツをしていたりするなど、体に質量を持たせるためには、摂取する栄養素が少なすぎることが多いのです。

質量を増強するためには、次のようなものが加わる。 ウエイトゲイナー その結果として発表したいと思います。

ウエイトゲイナー

ウエイトゲイナー

ウェイトゲイナーとは?

ウェイトゲイナーは、ミネラルで構成されたエネルギー補給のためのサプリメントです。 蛋白質ビタミンや炭水化物などのウエイトゲイナーは、主に筋肉量を早く増やしたい人が使用します。

他の食品サプリメントと同様に、トレーニングなしでは効果がないことは言うまでもありません。ウエイトゲイナーは、体をサポートする効果があり、必要な栄養素を確実に摂取し、ある種の機能を加速させる、いわば体のギアを上げるようなものです。ウェイトゲイナーには様々な組成がありますので、個々の製品の正確な割合にまで踏み込むことは意味がありません。これらの詳細は、製品の説明に記載されています。

しかし、平均的には、ウェイトゲイナーミックスは、約50%の 炭水化物.残りはタンパク質などで構成されています。トレーニングの成功率を高め、体重増加を可能にするのは、主に炭水化物です。そのため、高負荷や定期的なトレーニングにおすすめです。ここでは集中的なトレーニングが重要です。

体重を減らすためにウェイトゲイナーを使用しないこと

筋肉をつけることを目的としていないのにウェイトゲイナーを飲むと、炭水化物の比率が極端に高くなるため、体重が増えてしまうことがあります。ウエイトゲイナーは、純粋な減量には適していません。

Weight Gainerはどのような人に効果がありますか?

代謝のタイプはさまざまなので、ウェイトゲイナーがすべての人に適しているわけではありません。ウェイトゲイナー製品に興味のある方は、この栄養補助食品が本当に自分に合っているかどうかを事前に確認してください。そうでなくても、ショップにはそのタイプに合った他の選択肢がたくさんあります。

栄養学では人を3つのタイプに分けています。

Mesomorphicタイプ

この代謝タイプは最も一般的なものです。このような人は、高カロリーのものを食べるとすぐに太ってしまい、制限して純粋な持久系のスポーツをすると痩せてしまいます。

エクトモルフタイプ

このような人は、非常にゆっくりと、苦労して体重を増やしていきます。新陳代謝は素早く、高い圧力で行われます。この代謝タイプは体重増加には必ずしも理想的ではなく、私たちのウェイトゲイナーのお客様のほとんどがこのクラスに属します。

Endomorphicタイプ

このようなタイプは、すぐに太ってしまい、なかなか痩せることができません。新陳代謝は非常にゆっくりと行われます。このタイプの人は、質量を増やすのに適しています。

ウェイトゲイナーは、特に代謝の速い人に適しています。外向性のタイプ。 そうでなければ、大量の筋肉をつけることができないからです。

一方、代謝が非常に悪い人は、ウェイトゲイナーが体重増加をサポートするため、他の製品を使用した方が良いでしょう。もし、あなたがまだ体重や質量を増やしたいと思っているのであれば、ここは正しい場所でもあります。

ウエイトゲイナーの効果

Weight gainerとは、体重/質量を増やすこと。すでに述べたように、筋肉が強くなるだけでなく、体格そのものも良くなります。そのため、ウェイトゲイナーを摂取する際には、炭水化物が直接筋肉に変換され、不要な脂肪にならないように、適切なトレーニングが必要となります。

体重の少ない人は、より少ないトレーニングで体重増加をもたらすウエイトゲイナーを使うこともできます。それ以外の人は注意して、適切なトレーニングプランに頼らなければなりません。

ウェイトゲイナーは、トレーニングのフェーズを増やすためにも使用できます。製品に含まれる炭水化物の種類が異なります。すぐに分泌されるものもあれば、後から分泌されるものもあります。このようにして、トレーニング後も体に最適なエネルギーを供給したり、より長くトレーニングを行うことができます。

トレーニング後は、体の再生速度が速くなるため、回復期間が短くて済みます。そのため、トレーニング間隔を短くすることができ、自然と筋肉の成長が促されます。

ウエイトゲイナーはいつ摂取すればいいのですか?

トレーニング後に直接ウェイトゲイナー製品を摂取することをお勧めします。グリコーゲンストアには、すぐにタンパク質と炭水化物が充填され、その後の筋肉の再生も良くなります。特に、栄養素が最適に配分されるように、1日を通してウェイトゲイナーを飲むことが有効です。1日の摂取量を3等分するのが理想的です。

ウェイトゲイナーのカロリーはどれくらいですか?

カロリー計算は、多くのアスリートはもちろん、ダイエットをしたい人にとっても重要です。次の図を見れば、これらの製品が純粋な減量には適していないことがすぐにわかります。

100gのパウダーのカロリーは410kcal弱です。これは、ヨーグルトのようなウェイトゲイナーの一部分であっても、ほぼ一食分に相当します。とはいえ、食べ応えがあり、体にフィットします。Weight Gainerの一部分は、食間の間食として確かにお勧めですが、体重を増やしたい場合に限ります。

オフィスでも自宅でも、シェイカーにパウダーと水を入れるだけ。美味しいドリンクが出来上がりました。もちろん、ウェイトゲイナーにはさまざまなフレーバーがあります。バニラでもチョコレートでも、誰もがお気に入りのシェイクを持っていて、それを変えることができます。

定期的な体重管理が重要

体をシェイプアップして筋肉量を増やしたいなら、体をコントロールすることも必要です。ウェイトゲイナーでは、1週間に0.5kg以上の体重増加をしてはいけません。それ以上になると、むしろ不健康になります。さらに体重が増えた場合は、シェイクの量を減らすとよいでしょう。逆に効果を実感した場合は、もちろん量を増やすことができます。1日2~3回に分けて食べるのが目安です。

Weight Gainerの副作用はありますか?

副作用を除外するためには、製品を服用する前に在庫を作る必要があります。これは、フィットネストレーナーや医師と一緒に行うのがベストです。新陳代謝が活発でないと、ウエイトゲイナー製品で筋肉を増やすのではなく、脂肪を増やしてしまう危険性があります。また、実際の体重、年齢、身長、職業なども関係してきます。1日の消費カロリーは、500キロカロリー程度を目安に食べればよい。これをウェイトゲイナーの形で摂取する人は、筋肉量を増やすために使用することができます。カロリーを摂りすぎると、Weight Gainerの栄養素も体の中で脂肪に変わってしまいます。

また、食物不耐症でも副作用が出ることがあります。例えば、乳糖不耐症の方は、代替品を使用した方が良いでしょう。豆乳やココナッツミルクを使ったウェイトゲイナーも登場しています。アレルギー反応が出た場合は、服用を中止し、医師に相談してください。太りすぎを防ぐためには、定期的な体重管理が強く求められます。

実際に筋肉量を重視する多くのアスリートにとって、脂肪の増加は副作用のようなものです。だからこそ、これらの製品の摂取量をしっかりと守り、観察することが重要なのです。これにより、定期的かつ迅速に筋肉が増強される可能性が何倍にも高まります。もし、自分がどの代謝タイプに属するかわからない場合は、正確な分析ができる医師やスポーツドクターに聞くのが一番です。これにより、より精度の高い結果を得ることができます。

ja日本語